レンタカーを楽しむ

レンタカーを楽しみましょう!

トラブルの中には自分にまったく非が無い場合でも、相手の態度が悪かったりするトラブルがいくつも存在します。

 

レンタカーを借りる場合にも、レンタカーを返すときでもレンタカー屋さんとトラブルになることがあるのです。

 

その中でも特にレンタカー返却後のトラブルが多く、裁判に発展するケースも存在します。

 

何故トラブルになるのかと言えば、レンタカーにキズやヘコミが発見されたことが返却した後に、一番最後にそのレンタカーを借りた人の元に連絡が行くからです。
しかしこの場合、これはお店側の過失とされる場合がほとんどです。

 

なぜなら返却した時には必ずレンタカー自体にキズであったりヘコミが無いかどうか、部品が欠けていないか、汚れが無いか、ガソリンが入っているかなどをチェックするからです。

 

しかもそのチェックはレンタカー屋さんだけでするのではなく、レンタカーを借りた人と一緒にチェックするのが当たり前ですので、それでOKをレンタカー屋さんが出したのであれば返却時のチェックが大丈夫だったと言うことですし、契約書でも借りた時と同じ状態で返却すると言うようなことが書いてあるので、借りたほうに後から補償金を請求することは認められませんし、裁判に行ってもお店が負けることになります。

ページ上部に